川合俊治のええなぁ、これ。

薪ストーブ

2007年12月09日 旧ブログ

CIMG0233.JPGのサムネール画像 日曜は従弟とともにキリオに行ってきました。8月に息子が生れ我が家の車ではこの先ほんとにきついなと改めて感じた日でした。

 12月も半ばにかかり始め、クリスマスも近いからでしょうか昼の食事前にはすいていた店内も食事を終えたころにはかなりの人でした。

 従弟の長女のランドセルを買いに行くのに付き合い、ついでに何かと思っておりましたが、普段から人に慣れてない我家族は人に酔っ払って疲れて帰ってきただけです。トイザラスで今はやりのWiiを買うかどうか前の日から家内と悩むに悩んで結局買えない貧乏症の我家族です。

 

4時半くらいに従弟の家に帰宅し、帰宅してすぐに薪ストーブに火を入れました。我家では全くオール電化のエアコンのみの生活。事務所にも薪ストーブはありますが、ホントに一家団欒のリビングにこんなものがあると幸せな気分に浸れる気がします。しかしアリとキリギリスのアリではありませんが、冬のこの生活があるのは夏に努力して薪を切り、乾燥させたりしてがあっての話です。それができて初めてこの幸せを味わうことが出来るのです。私にはそれが出来ないとわかっているため、我が家では薄っぺらな暖かみのエアコンで過ごしております。

 従弟の家は煮込み料理等もこの薪ストーブの上でやるらしくほんとに諜報しているらしいです。なんか夢のような生活だと思います。家じゅうこの薪ストーブ1台で十分暖かいそうなのでみなさんどうですか?ただし夏には薪の材料となる木を調達しきれいに切りそろえ並べておくという立派な作業を忘れないでください。それが出来れば今以上に幸せ間違いなしです。


塗装工事

2007年12月08日 旧ブログ

 K様邸昨日より塗装工事に入ってます。リビングの天井から始まり、内部建具枠、カウンター、机、食器棚等いつになくたくさん塗装します。

 1階と2階で床の色が変えてあるので色も変えて注文してあります。まずはリビングの天井から塗り始めました。1階2階ともにオイルステンで着色します。塗装の種類は簡単に分けて2種類あって、塗装面の上に幕を張るように色をつけるものと、塗装面に染み込んで色が付くもの。前者はその塗装色があまり色が変わることなく現れますが、経年変化で塗膜が剥がれたりします。後者は塗装するもの(ほぼ木材だと思います。)に染み込んで色が付くので、素材そのものの色が影響し同じ色を塗っても素材によって表情が全く変わります。今回のオイルステンとは後者のことを指します。

 1階の色はナチュラルブラウンで塗装してます。1階はパイン、タモ、杉等色んな種類の木の顔が出ているので塗装によって表情が変わってくると思います。2階においては長男の部屋の机以外はすべて同じ材料なので木の表情の変化は少ないですが、統一感を感じることが出来ると思います。

 

 この日、普段娘と一緒にいられないため塗装工事の現場を見に行くのに一緒に行きました。家の娘は父親の落ち着きのなさをそのまま受け継いでおり、部屋の中をちょろちょろ走り回っております。塗装屋さんと打ち合せをして少し目を離したすきに、塗ったばかりのカウンターの上に買ったばかりのズボンで膝をついて上がってました…。さあ大変だーといわんがばかりに、打ち合わせもそこそこで家に帰りズボンを洗い事なきを得たという落ちまでついた日でした。

 


誕生日

2007年12月07日 旧ブログ

 本日12月7日は家内の誕生日でした。これでまた一つ年を重ねてしまったとうれしくなさそうでした。

 

誕生日といってもたいして何をしたわけでもありません。乳飲み子を抱える我が家ですから洒落たレストランで食事なんて問題外で、いつものように家で食事でした。ただ昨夜はヒグチ肉屋ですき焼き肉が安かったからとすき焼きでした。それと夕方に僕がケーキを買っていったので食事の後にケーキを食べました。ケーキの前に娘と僕とでハッピーバースデイの歌を歌いました。

 僕にとってすき焼きになくてはならない具材があります。それはちくわぶです。けっこうここらではなじみが薄い?ものです。どんなものかというと角麩をもう少し固くして形は星型のようなギザギザのもの、煮込めば煮込むほど味が染みておいしいです。なじみは薄いですが、どこのスーパーにも置いてあるので一度お試しあれ。

 しかし普段食いなれないもの、それもすき焼き&ケーキなどを一度に食べたものですから、昨日はお腹がおかしくなり寝る寸前までトイレにこもっていました。下痢が止まらなかったのです。普段食べれないものや高級そうなものを食べると必ずと言っていいくらい下痢を起こします。非常に貧乏症の男です。

 

 


基礎工事2日目

2007年12月06日 旧ブログ

CIMG0224.JPGM様邸基礎工事昨日から入りました。現場付近はというと一本東に大きな道路が通ってますが、少し離れてますので静かな土地柄です。近くにコンビニなんかもあり私どもにおいては非常にありがたい環境です。

 

 もう12月に入りましたが、まだまだ温かいのでコンクリートの凍てる心配もなく順調に進んでいきそうです。このまま順調にいけば年内土台伏せは問題なく進んでけそうです。最近天気が良すぎて来年の建前に影響しないことを祈ります。まあ僕は超がつくほどの晴れ男なのであまり心配はしておりませんが。

 


大工仕事完了

2007年12月05日 旧ブログ

 K様邸本日でとりあえず大工仕事完了です。あとは外部のウッドデッキと風呂の窓の前の目隠しが残っていますが、他業者との取り合いの為また改めて入っていただきます。

 

CIMG0215.JPG

CIMG0216.JPG

写真は午前中に撮ったものなのでまだ片付いておらず、乱雑しているように見えますが残材も引き上げてきましたので明日からは塗装工事に入ります。左の写真はキッチン前のカウンター部分。雰囲気は居酒屋?でもK様ご主人のイメージぴったりです。右はクローゼットです。暗くて写真はうまく写ってないですが細かく仕切ってハンガーパイプも取り付けます。まだアップしたい写真はありますが、ちゃんと仕上がってから順次アップしていきたいと思います。でもオープンハウスを見にきて直に確かめに来てくださいお待ちしております。


スタッフ紹介?

2007年12月04日 旧ブログ
CIMG0174.JPG

 今回紹介するのは前回紹介した林棟梁の愛弟子。若干26歳の凄腕、加納大工です。通称たけ。

 

 見た目は華奢で可愛らしく誰からも愛される彼。ナンパっぽく見られがちですが、かなりシャイなあん畜生です。反面もうすでに愛する可愛い奥さんと目に入れても痛くない愛娘を持つしっかり者。(奥さんの方がもっとしっかりしているらしい…。)趣味は僕と一緒の釣り。休憩や釣り行ってきた次の日は趣味の話で花が咲きます。

 

 林棟梁のもとビシバシ鍛えられた腕は確かで、喋りやすく誰からも愛されるようにご指名で棟梁として存分に力を発揮します。ちゃんと遊びと仕事のオン・オフが切り替えられ仕事をしているときの顔はきっと奥さんも惚れ直すはず(少し褒めすぎました。)。我社の自慢は大工さんの腕の確かさもひとつで、クロス屋さんからも、勝さん・たけの仕事はほんとに気持ちがいいといわれます。我社を背負って立つ人間の一人です。ますますこの先の彼の活躍が楽しみです。皆さん応援してやってくださいね。



ブログ検索