川合俊治のええなぁ、これ。

93.0kg 崩壊

2019年05月29日 つぶやき

IMG_2113

突然の轟音で家の人は地震と思ったらしい。

重さによる経年劣化なんでしょうか。。。


92.6kg 健康診断近し…

2019年05月28日 つぶやき

metabocolor-1

今月31日に健康診断を控える私としまして、、、、日曜から一時断酒しております。併せて糖質制限も。無駄な努力と笑ってください。こうやっていい結果を求めてるわけじゃないんです。こうやっても悪い結果がでたらどうしようとビビってるんです。7月で50歳、考えるお年頃です(笑)。


94.2kg 眼鏡

2019年05月25日 つぶやき

IMG_2101 IMG_2103

新しく眼鏡を購入。

おもいっきりキツい度が入った老眼鏡。パソコンのモニター画面が見やすいように調整したつもりが、普段の画面位置だとちょっと遠くボケて良く見えない。。。眼鏡もう一個買わなあかんのかなぁ。。


93.6kg 部品取り

2019年05月24日 つぶやき

IMG_2074

OBのお客様より引き戸の戸車の調子が悪いとのことで、予備を含め3組の注文。

製造年月日らしき刻印があり、いつの物なのか瞬時に判断でき発注もスムーズで助かります。

部品もう少しお待ちください。


94.4kg むふふふ

2019年05月22日 つぶやき

以前見つけた記事です。

デブでもいいんです。でももう少し痩せなきゃ…。

これより下をご覧ください!

 

 

デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイルウェブマガジン『Mr.babe』編集長の倉科と申します。

デブは「不健康」「自己管理不足」「病気の巣窟」……世間ではそんなイメージがあると思います。しかし、実は近年、医学界ではこんな認識に改まっているのです! 「ちょいデブ体型」が最も健康的で、実際に長生きしていることが明らかになってきています。

肥満度の指標である「BMI」(体重 kg ÷ 身長 m の2乗)で計算した際、その数値が18.5~25未満が「標準体型」、25~30未満が「過体重体型」、30~40未満が「肥満体型」とされていることはご存知でしょうか?(ちなみに『Mr.Babe』編集長の私はBMI値29です)

よって、BMI値が25を超えると、周囲から「肥満」「不健康だから痩せろ」「洋服のサイズないでしょ?」といったデブのレッテルを貼られたりしがち。しかし、これに「ちょっと待った!」なのです。

標準体型より「ちょいデブ体型」のほうが死亡リスクが低い

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)がさまざまな人種の約288万人を対象に行ったレポート結果では、BMI値が「18.5~25未満の標準体重グループ」と「25~30未満の過体重グループ」では、過体重グループのほうが死亡リスクが6%も低いということが判明したのです。

実はこれ以前から「ちょいデブのほうが健康的である」というデータは多数発表されていたのですが、CDCの発表は300万人に近いサンプルを元に作成されたデータなので、その信頼性に医学界が揺れたのです。

現在の理想体重はBMI値22と言われています。つまり、身長170cmの人の場合、63.3kgが理想とされてきました。しかし、このレポートではBMI値22よりもBMI値30(身長170cmの場合、体重86.3kg)の人のほうが、死亡リスクが低いということが明らかになったのです!

つまり、これまで理想とされていた体重より20kg前後もオーバーしているほうが「長生きできる」ということなのです! もちろんすべての人間がそれに当てはまるわけではありませんし、痩せすぎ、太りすぎは要注意ですが、日本人男性16万人を対象に行なった別の調査でも同じような結果も出ているとのこと。医学界では今、このようなデータに基づき「ちょいデブ体型が一番健康的」「肥満体型も痩せ体型よりは死亡リスクが低い」と見直されています。

ちなみに『Mr.babe』では、「マシュマロ」と「マッスル」をかけ合わせた「マッシュルボディ」という造語を打ち出しています。体のシルエットは丸く柔らかそうだけど、不健康体ではなく、内側はいたって健康的な、皮下脂肪の下に程よく筋肉のついたボディを指します。

◆「健康的なデブ」の共通点とは?

あくまでも私の主観ですが、健康的なデブには共通点がいくつかあります。

1.よく話をする(よく笑う)
2.声がでかい
3.フットワークが良い
4.くよくよしない(明るく前向き)
5.美味しそうに食べる
6.よく飲み、よく食べるが体を動かすのも好き
7.友だちが多い
8.趣味が多い
9.包容力がある
10.太っていても筋肉量が多い(ガチムチ系)

これはデブに限らず言えるとも思いますが、とにかくストレスを溜めないで人生を楽しんでいるおおらかさを感じる方が健康的なデブの共通点だと思います。

沖縄は「長寿県」として有名ですが、「ぼっちゃり県」でもあります。たぶん、それは温暖な気候や自然がポジティブマインドにさせ、健康にもつながっているのではないでしょうか。

2020年に向かい、いろいろな意味を含め「デブ」に追い風が吹いていることは間違いないでしょう。そして、私、『Mr.Babe』編集長(BMI値29)も長生き人生を送るためのマッシュルボディに磨きをかけることに余念がありません。健康的な「デブ」に幸あれ!

【倉科典仁】
渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』の創刊編集長を務めたほか、暴走族雑誌『ティーンズロード』や『特攻服ファッションカタログ』、『作業服スナップ』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はウェブマガジン『Mr.babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中 デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイルウェブマガジン『Mr.babe』編集長の倉科と申します。

 

という事らしい。


93.6kg 5本

2019年05月13日 つぶやき

sh_01

土曜の夜、古い友と岐阜で飲んだ。少し前から話題の玉宮町でだ、魅力的な通りだった。

岐阜までは電車で行き、電車で帰ってくる。健全な飲み方である。

その友の知り合いのイタリアンぽい店でワインを飲む。およそ4時間の間に昔話やらいろいろな話をした。たまにあうといいもんである。

で、知らず知らずに5本のワインが空いた。まだまだ飲めるなあという驚き。

そんなに飲んだからか、帰りの美濃太田駅の改札で切符の紛失に気付き、もう500円払ったという落ちも付いてきた(笑)。



ブログ検索